Midworks メリット デメリット エージェント

Midworks利用者の口コミを見てみましょう

 

正社員だった時より、Midworksを利用してフリーランスエンジニアになってから収入はたいぶ増えました。ただMidworksの案件は首都圏エリアの企業ばかりなので、地方の方には良くないでしょう。

 

案件の単価は高くて年収はアップしましたし、社会保障も手続きなども充実したサポートをしてくれるので、これからフリーランスになりたいとか今既にフリーランスだがいい仕事がないと思っている人にはおすすめします。

 

 

Midworksを利用した結果の感想は、案件の種類が多いことです。

 

ですから、フレックスタイムや時短勤務が可能な案件とか、週に3日とか4日とか勤務日数が融通できる案件、そしてリモートワークが可能な案件など、仕事を探しているフリーランスエンジニアにとっては、その人に合った働き方ができるのがいいなと思いました。

 

 

これまで他のエージェントでは給与支払いは翌々月末だったのが、Midworksでは「月末締め翌月20日払い」になりました。

 

ですから、給与支払いが早いので何かと助かって良かった。

 

 

フリーランスでWeb制作者として働いて現在は7年経ちました。これまで特に問題もなく生活はできていますが、もしかしたら運が良かっただけかなと思うこともあります。

 

なにしろその頃はMidworksのようなサービスはなかったので、考えればよく仕事があったなあと思います。もし自分が今正社員だったとしたら、とうぜん絶対にMidworks登録して仕事を探す苦労もしなかっただろうと思います。

 

 

Midworksに登録しただけではなく、実際にエージェントと面談をすることで「自分はフリーランスエンジニアになる。独立をする!」と決意ができました。

 

今では毎月の給料もかなりUPして、しかも残業も少なくなったのでMidworksに登録したことは本当にプラスなことばかりでした。

 

 

Midworksで、自分の「フリーランスエンジニアになるためには、今の自分はどんな経験を積んでおくことがプラスになるのか」という質問に対して、コンサルタントの方は1からじっくりと話して、丁寧な説明で教えてくれて、納得がいきました。

 

フリーランスという不安定な立場でも、Midworksのようなエージェントがサポートしてくれるので、知らない時には不安だったけど今では大丈夫だと知り安心な気持ちになりました。

 

 

フリーランスエンジニアになって独立をして、高い年収を取っている人が増えていることは耳にしていました。

 

しかし、独立をするということは「社会保障がなしで生きなければならない」ということに不安を感じていました。

 

ところがMidworksに登録したエンジニアには、正社員並みの社会保障が提供されるということを知って、Midworksを利用することにしました。実際に入ってみると保険料を会社が半額負担してくれることや、freeeが使えるなど確かに必要なサポートが提供されるして、まるで正社員のような待遇で驚きながら、嬉しかったです。

 

しかもフリーランスになってからは正社員の時より年収が大幅に増えたので、大満足です。

 

 

正社員は辞めずに収入を増やそうと副業を探していました。

 

友人から紹介されたMidworksのコンサルタントに相談をしました。通勤はきついから、できれば在宅でできる仕事をしたいと伝えたところ、コンサルタントの方が探してきたのは週に2日でOKで、しかもリモート案件でしたから喜んで受けました。

 

今では仕事に慣れてきましたので、これなら案件をもう少し増やしても大丈夫かなと思っています。

 

 

Midworksのデメリットは口コミではどう言っているでしょうか?

 

Midworksの案件は首都圏エリアの企業ばかりなのでという口コミがありましたが、とうぜん地方に在住の方にはデメリットになります。
もちろんリモート案件なら働けますが、それでも企業との面接では東京に来る必要はあることが多いです。

 

Midworksは最近はだいぶ名も売れてきましたが、まだまだ最大手のエージェントに比べれば知名度が低いです。
そのため、口コミで評判を調べようとしても、あまり件数がないのもデメリットっかもしれません。

 

 

口コミではMidworksのデメリットは?

 

「社会保障が充実しているから」という口コミが複数ありましたね。やはり正社員並みというMidworksの売りはフリーランスエンジニアにとっては魅力ですからメリットになるでしょう。

 

収入が正社員だった時より大幅にアップしたということも、多くの方が言ってますね。これはフリーランスエンジニアであれば、ほとんどのエージェントで言えることなのですが、Midworksの場合はマージン率が低くて、しかもそれを公開していますから、より強いメリットと感じるのでしょう。

 

案件の種類が多いことも、何人かが言ってました。副業として収入を増やしたいとか、年収を大幅にアップしたいとか、それぞれのエンジニアが持つ希望に合った働き方ができるのも大事なメリットでしょう。

 

 

 

 

関連ページ

斡旋エージェントを利用するメリットとデメリット
フリーランスエンジニアに仕事を斡旋するエージェントを利用するとどんなメリットとデメリットがあるのかを紹介します。
Midworksによくある質問
フリーランスのための斡旋エージェントであるMidworksを良さそうに思えるのだけど、もうちょっと調べたいということが「よくある質問」となって出てきました。回答を見れば納得いくのでは?