転職

転職について記事一覧

前なら看護婦ですが看護師といえば、女性の割合がたいへん大きい…昔は看護婦と呼んでいた看護師は務めとして歴史的にも女性の割合が高い職種です。あまり知られていないかもしれませんが気力あるいは体力ともに消耗が激しい傾向にあります。とうぜんのように職場の対人関係の問題や、自身の結婚・出産などによってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり取りづらい仕事ともいえます。...

良い転職する先を見つけるためには、事前の…転職をスムーズなものにするには、最初から行動するようにしなくてはいけません。そうしようと思うのならネットを見ると名前を聞いたことのない中小企業の意地でか公式サイトに会社のことを書いている会社がよくあるので、インターネットの機能を利用して色々と必要事項をチェックしておくとまたその企業についてわからない点などをチェックしておくと転職の助けになってくれます。加え...

前は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。…前は求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」に相談していました。その理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心部にある企業の求人がほとんどだからです。であったので、求人情報をチェックする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少給料や労働条件で差があり...

再就職では、とても重要視されるのが間違いなく「面接」である。…再就職において、かなり要となるのがまぎれもなく「面接」になります。多くの場合面接の際は面接担当者が応募者に対し、転職の経緯や仕事の意気込みなど色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、一通りの質問が終わると、次は、転職希望をする人からの疑問点などを質問できます。面接官から、「弊社に関して何か聞いておきたいことはありませんか?...

再就職して勤め先を新しく替えるということは、…再就職で仕事先を一新するということは、自分自身に合う自身が納得できる転職先を選んだほうが好ましいということです。仕事を変えれば、自分にもってこいの仕事に、出会えるかもしれません。けれども、プラスの面だけではなく、即戦力となりうる能力を持っていないと、転職自体が難しいです。逆説的に表現すると、自分の価値をあげれば、天職に恵まれる可能性がある、ということで...

転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時に…転職のために今働いている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしも自分が望んで退職届を出して退社する、いわゆる自己都合退職の際には直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月の期間が必要なのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てば給付されると誤解してい...

派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら…比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと実際に転職活動を経験して理解しました。結婚した後、生活が落ちついたら、すぐにでも子育てに取り組みたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、数年くらい現在の職場で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく...

安定した暮らしを送ろうと「正社員」になりたいと思っている人は…安定的な人生を送りたいと正規の社員になりたい人はかなり多いと思います。にもかかわらず、即戦力として働けるようにかなり努力していても、正社員として雇い入れてもらうことが難しいケースも少なくないはずです。派遣社員の求人情報はかなりあるのに正規雇用の求人募集以外はそっちのけで時間を浪費している人が少なくないと言います。万一正規雇用での転職が厳...

今と違った企業につきたいと転職活動をしている中の…今の会社を辞めたいと転職希望者の場合には「ほんの少しでも早く、内定(採用通知)をもらいたい」と思っているはずです。しかしながら、そういう気持ちで通知ほしさのばかりに、自分自身の能力に関して嘘をついたり、またその逆で自分を過小評価にしかならない言動はぜったいにしないでください。そうではなくて、焦る気持ちをこらえて、冷静に客観的に考えながらあなた自身の...

求人についての広告には、大部分の場合は…求人関連の情報を見てみると、とうぜん普通の会社では月収が明記されています。しかしこの月収の項目については、注意して確認する事が大切です。その数字だけ見て判断してはいけません。そのわけはもしかすると、月収の中身が「毎月20時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代を入れることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも少なく...

もし転職することを、今の会社の人たちが…もしも転職前、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が悪くなる可能性があります。周囲との付き合い方によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。そればかりでなく、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。そ...

現在の仕事に不安があり、転職サイトを利用して…もしあなたが転職サイトを使って自身がストレスなく働ける働いてみたいと思えるような企業情報を見ているのなら、有効な手段といえるのが転職エージェントです。登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、そのサービス内で紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比較にならな...

就職活動をするにあたっては、要するに斡旋を行う会社が存在しますが、…新しい職を探すとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼ることもあるでしょうが、あなたがそういったエージェントに登録し、幸運にも新しい仕事をゲットできた場合でも、失業保険の給付にはつながらないので要注意です。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険をもらうことはできないので注意すべきです。一方、ハローワ...

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。…就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接の時、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけ...

転職の面接にある会社に向かいました。…転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。偶然社内の面接に使える部屋がすべて他の客でつまっているということで社外で面接担当者と待ち合わせて採用面接を行って、そのまま解散して、面接担当者も会社には帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。なので電車の中においても面接担当者と一緒におしゃべりをしながら...

転職の時の面接で着用するスーツの色に関しては、…転職時の面接で着るビジネススーツの色味については、新卒の就活の際にに身に付ける色合いが一般的となっています。具体的に言うと、紺色や黒色のような暗い色合い、ということになります。それは再就職でも、着ていくビジネススーツの色合いに関しては新卒の就活の時のような落ち着いたカラーが大多数を占めていて、他の色のビジネススーツの人はほぼ見ることはありません。それ...

人生ではじめて転職を行うなら、忘れてはいけないのは…初めて転職を行うとき、気を付けなければいけないのはどうして今の仕事を去らなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが賢明でしょう。その後問題を解消してくれそうな企業を決定するのです。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を継続しながら...

一般的に見て大企業は「定期採用」がメインです。ですから、…一般的に見て一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。そればかりでなく、都心以外だと転職の確率がたいへん低くなるでしょう。けれども製造業関連においては、都市部でない地方の工業団地の近所に製造の拠点としていることもよくあります。また、そういう工場の場合、事業分野の拡大と並行して中途...

新卒後最初に働いた会社ですぐにきれる上司に…昔務めていた会社でパワハラを行う上司に嫌な気分にさせられ、ついにはこれ以上は無理だと思いその会社を退職し、同じ業種の別の会社に行くことにしました。転職先の会社では会社に行くのが楽しくきわめて充実した毎日でしたが、月日の経過とともに会社の売り上げが少なくなり最後にはとある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にも経営統合の相手は驚くことに転職前に働い...

政治による影響がでつつある転職事情ですが、…政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、今の安倍内閣では「アベノミクス」や「三本の矢」などの経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間においても今までとは違う社会的な変化が巻き起こりつつあります。そういった変化を受けたことで、民間企業では、今度は若者世...

『転職したい!』と思っている人で…『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜならばこのときに相談という形を取ると、状況によって高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました...

初挑戦の業界などに転職をしようとするときには、…全くの初挑戦の分野などに転身したいと思っている場合には、前の仕事で、自分が身についたスキルや今までの経験を発揮することができるという内容の自己主張が必要です。未経験の業種の場合、経験していない分そのジャンルで経験してきた人たちよりも事実、不足することはありますが、自分自身が保持しているスキルがそのジャンルでも十分に発揮できるということをうまく相手に話...

もしもあなたが転職したいと考えているなら、…もしあなたが転職を視野に入れているなら、転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取得するのがベストです。転職の際に有利に働くので仕事を探しやすくなります。そんなわけで、在任期間中が資格取得においてのお勧めです。もしもあなたが再就職を考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を退...