フリーランス スキル不足

フリーランスのスキル不足は仕事を選べば問題はない!

フリーランスになれば年収が1.5倍とか2倍とか言われて、なってみたいと考えています。でも自分のスキルが不足しているのではないかと悩んでいませんか?

フリーランスっていうのはスキルがあるから収入が高いと思っているかもしれませんね。確かに人にないスキルを持っていれば、それだけ高い単価の仕事ができますが、スキル不足っていうのはそれほど問題ではないのです。

 

なぜなら、エンジニアの仕事っていうのは非常にたくさんあって必要なスキルもさまざまです。ですから自分が持っているスキルで不足なくできる仕事を選べば問題はないのです。

 

むしろ正社員の場合は仕事は選べなくて、スキルが不足するならなんとかしなければ困ります。フリーランスエンジニアは、Midworksなどのようなフリーランス斡旋のエージェントから提案された仕事の中から、自分のスキルでちょうどいい、あるいはちょっとだけ不足しているけどがんばればできるレベルの仕事を選んでいるのです。

 

エージェントはスキルに合った案件を紹介してくれるだけではありません。Midworksでは週に2日の仕事なども持っていますから、今の正社員とかの身分をそのままで、副業でフリーランスとして働き始めることも可能なのです。

 

もしフリーランスというとらわれの少ない、収入の多い生活に興味を持ったのなら、スキルがまだ不足しているなんてこだわらないで、下で紹介したエージェントに登録をしてみるのをお勧めします。登録をしても、あくまでフリーランスとして働くかはあなた次第ですから、登録することはリスクはありません。

フリーランスエンジニア斡旋のエージェントのランキング|おすすめ10選

Midworks

正社員並みの境遇でフリーランスを

Midworksならフリーランスエンジニアに社員同等の保証を受けて安心して働けます。

フリーランスですから1.5倍以上の収入はとうぜんで、スキル不足で困ることはありません。しかも現在の職場はそのままで、副業として週2日を働くという案件も紹介してくれ迷うことなくフリーランスエンジニアの一歩が踏めます。

評価 評価5
ポイント1 「仕事がないなら報酬の8割をもらえる給与保証制度」がありますから、正社員に劣らない安定性が魅力です。
ポイント2 本業だけでなく、副業にも向いている週に2日などの案件も紹介してくれる。
ポイント3 福利厚生が非常に充実しています。

・社会保険料も正社員と同様に半額負担
・交通費を月3万円まで支給
・書籍購入や勉強会の費用を月1万円まで支給

弱点 関東以外の案件はほとんどない。完全な未経験者は利用できません。
geechs job(ギークスジョブ)

高単価フリーランス案件が豊富

フリーランス斡旋エージェントの中でもトップクラスの案件を保有していますgeechs job(ギークスジョブ)には取引社数3,000社、登録者数15,000人と豊富な仕事が自慢です。しかも高単価の案件が多くて、平均年収はなんと800万円以上です。

さらに、スキル不足がないようにして案件の決定率が90%以上ができています。

評価 評価4.5
ポイント1 案件は豊富で、中には非公開も多く、高単価な案件もいろいろあり案件に困ることはありません
ポイント2 15年以上の経験で支援が行き届いていて長い実績も誇ります。スキル不足も方も安心してください。
ポイント3 個別説明会は、仕事帰りに参加できる平日の10:00〜20:30まで受け付けています。
弱点 リモート作業が可能な案件は少ないですから、合った案件がなければ無収入になります。
レバテック

豊富な案件と高い単価が魅力

レバテックは業界最大級の案件数を保有しています。その案件からあなたのスキルやレベルにマッチする案件を見つけることができますから、お仕事を満足度もあがりモチベーションも高まります。

単価100万円以上という高額案件も多数を用意していますから、フリーランスは1.5倍〜2倍の収入アップへとつなげます。。

評価 評価4.5
ポイント1 発注額が高い独自案件が多い
ポイント2 エージェントがフリーランスエンジニアへの理解が深いですからスキル不足に悩むことはありません。
ポイント3 各種手続きも代行をしますから、フリーランスでの簡単です
弱点 在宅でOKという案件が多くないです。合った案件がない時は収入がなくなります。
FUTURIZM(フューチャリズム)

98%のエンジニアの継続率!!

フューチャリズムではエンジニアのスキルがアップできるようなフリーランス案件を多数保有して、「高額の報酬とともにスキルアップ」のコンセプトを実現する会社です。

ぜひ希望にあった案件を、無料キャリア面談に申し込んで紹介をしてもらいましょう。充実のサポート体制で、安心して仕事に集中できるようにも配慮しています。

評価 評価4
ポイント1 キャリアビジョンを優先して優良案件を紹介します。またフリーランスエンジニアのキャリア変更もサポートします。
ポイント2 実現率は89%以上の案件で、スキルアップと高額報酬を実現します。
ポイント3 報酬支払は、なんと最短の15日です。
弱点 優良案件なので求人数が少なめです。
ポテパンフリーランス

なんと月収100万円超も!

ポテパンフリーランスでは自身がエンジニアというエージェントですから、初心者のフリーランスエンジニアに向けたスキル不足などない案件の紹介サービスも得意としています。

技術に対して明るいエージェントは、フリーランスエンジニアのスキルや経験、さらに今後のキャリアまで、深いところまで相談することが出来ます。

評価 評価4
ポイント1 エンド直・元請け案件が多く、非公開の案件も豊富です。
ポイント2 フリーランスの収入は1.5倍以上にになりますから、税金の面で不安だという方にも多いですから、手続きのサポート等、親身に相談に乗ってくれます。
ポイント3 東京周辺だけでなく、関西エリアもサポート対象です。
弱点 副業を考えているのなら不向きな案件が多いです
ワークシップエージェント

週1日などもあるフリーランス案件

ワークシップエージェントでは『プロジェクト単位』で携わる案件ばかり紹介しますから、初心者でなく高度なスキルや実績をもつフリーランス向けのお仕事に特化しています。

1.5倍〜2倍の収入アップをする案件、週1日など柔軟に働ける案件、さらに土日や平日な勤務後から働けるという案件もあるので、正社員の方が副業を探すのにも適したエージェントです。

評価 評価4
ポイント1 ハイスキルの人材が思う存分力を発揮できる上流工程から携われる案件を中心に用意しています。また融通がきく案件もあります。
ポイント2 契約調整やプロジェクトの条件交渉を専属エージェントがサポートします。
ポイント3 クラウド会計支援の「freee」を無料で使えます
弱点 登録するだけでなく、オンラインで面談が必要です
PE-BANK(ピーイーバンク)

全国の主要9都市で対応してます

PE-BANK(ピーイーバンク)はフリーランスエンジニアをサポートする日本最大級の企業です。1989年に設立し、約30年の案件紹介の歴史があります。

全国で取引企業数は約1,000社、そして案件数は50,000件以上も抱えています。特に関東エリアであれば平均年収は800万円以上です。

評価 評価3.5
ポイント1 東京の他に北海道、東北、中部、京都、関西、岡山、広島、九州と全国に9つも拠点を持っているので、地方在住の方でも利用することができます。
ポイント2 福利厚生も健康診断補助やメンタルヘルスケアなど正社員並みに充実しています。
ポイント3 情報処理技術者試験など試験受講料は全額補助します。また技術系セミナー受講料の補助もありますからスキル不足も安心して解消できます。
弱点 豊富な案件は玉石混交のところが玉に瑕です。
BTCエージェント

専属コンサルタントが徹底フォロー

BTCエージェントは、高額の業務システム案件を中心に豊富に保有しています。

エンジニアのサポート体制も、専任のコンサルタントもつきます。キャリアプランを相談するのにも適したエージェントです。フリーランスのスキル不足は心配いりません。

評価 評価3.5
ポイント1 ネットでは紹介しない独自案件や非公開案件なども多数あります!
ポイント2 元請(1次)案件等、商流上優位な案件を多く取り揃えてますから、専門性の高いハイクラス案件をご紹介しています。
ポイント3 短期の案件ではなく、長期的に腰を落ち着けて取り組める案件が多いです。じっくりとスキル不足を補いながらできます。
弱点 案件を紹介するのは強みですが、エンジニアのサポートは弱いです
High-Performer(ハイパフォーマー)

翌月15日に報酬支払と業界最速水準

High-Performer(ハイパフォーマー)はあまり名を知られていないけれど、実は13年以上のフリーランス案件紹介サービスをしています。現在では7000名以上の登録者を抱えています。

フリーランスが年収1.5倍から2倍が望めるように、上流工程の案件が豊富なので高い報酬を実現しています。

評価 評価3
ポイント1 非公開や独自案件も多数あります。
ポイント2 ベテランのコーディネーターが、スキル不足なエンジニアにも最適な案件をマッチングしてくれます。
ポイント3 直請けプライムベンダーが多く、その数は93%以上!
弱点 リモート作業や週2や週3の案件はないようです
エミリー社

高単価フリーランス案件が豊富

エミリー・エンジニアでは、エンジニア専任の担当者がつき、まず企業側へのヒアリングや交渉なども行います。

そのためスキル不足などのミスマッチが起こりにくい運用体制です。また手持ち案件に希望に合わなければ、あなたのために探しに行き最適な案件を紹介します!

評価 評価3
ポイント1 エンジニア専任担当がフォローします。また、もしもの時の安心保障も!
ポイント2 プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会のベネフィットプランの費用を全額負担します。
ポイント3 多様な案件の中から、スキルや条件に合った案件を紹介します。平均年収は819万円と高額です。
弱点 案件の質はいいが、量はそれほどではないです

 

フリーランスに求められるスキル

フリーランスがスキル不足を嘆いていることがありますが、そもそもフリーランスに必要なスキルは大きくわけて2つの分野があります。

 

1つは基本スキル(コアスキル)といい、フリーランスでなくても社会人だったら求められるスキルです。
具体的には、コミュニケーション能力や業務理解力や情報収集力や自己管理能力や論理的思考力やプレゼン能力などです。
基本スキルは一般社会人には、程度は違えどあるに越したことはありませんから、非常に役立つスキル言えます。

 

もう1つはフリーランスエンジニアの場合は専門的なスキルセット、いわゆるスペシャルスキルです。
IT業界では、設計スキル、プログラム作成能力、テストスキルそれに業務知識など幅広いスキルをいいますが、少なくとも1つはある程度のスキルは持っていることが求められます。
プログラマーのフリーランスなら、当然プログラムを作成するスキルがなければ仕事にならないですから、スキル不足になるわけです。

 

エンジニアに求められるスペシャルスキルは?

 

フリーランスエンジニアのあなたに求められるスペシャルスキルは、分野によってさまざまです。
具体的には、以下のような分野に分けられます。

 

プログラミングスキル

一番ポピュラーなスキルですが、これは具体的にはさらにサーバーとクライアント(アプリケーション)に大きく分かれます。(他にもミドルウェアなどもあります)

 

サーバーエンジニアは、まずLinuxのスキルは必須です。数は少ないですが、Windowsのサーバーの場合もあります。
また開発言語ですが、CやC++やJavaなどから始まって、PHP、Ruby、Python、Node.jsなどたくさんありますが、少なくとも1つは必要なスキルになります。

 

一方クライアント(PC)の方は、まずインターネットですから、必然的にHTML、CSS、そしてJavascriptは必要になります。またサーバーで走る言語ですが、PHP、RubuあるいはPythonのうち1つはある程度は理解しておいたほうがいいでしょう。

 

またC#、VisualBasic.ne.NETなどをWindowsなら、MacなrSwiftがプログラム開発言語です。

 

さらにスマホのアプリの開発なら、AndroidならJava, iOSならSwiftで決まりです。

 

またプログラムではないけれど、Web制作ではデザイン系でPhotoshopを使うというのも1つのスペシャルスキルです。

 

SEに求められるスキル

SEの場合はプログラマーより上だと言われることがありますが、それはSEがプログラムを作ることより、その前の設計を担当するからです。

 

システムを開発するのに、

 

 要求仕様
  ↓
 外部仕様(基本設計)
  ↓
 内部仕様(詳細設計)
  ↓
 プログラミング、デバッグ
  ↓
 テスト

 

と流れますが、一般的には上流ほど単価が高くなります。
プログラムを開発したり、テスターをやっているとなかなかお金が貯まりません。

 

要求仕様というのは、お客様が明快に与えてくれることはほとんどありません。
SEがお客様と何度も会話をして、要求を理解して、それを要求仕様として提案するのです。

 

ですから、SEには要求を聞き出す、それを仕様としてまとめる、さらにわかりやすく説明するスキルが必要になります。

 

プロジェクトマネージャー(PM)に求められるスキル

SEが1つのシステムを開発することに貢献をしますが、PMはさらに役目は大きく、いくつのシステムを開発するプロジェクト全体を管理する仕事です。

 

開発する側のプログラマーやテスターを始めとした多くのエンジニアが円滑に仕事を進めるのを助けてくれますから、ありがたいPMですが、その役目にはプロジェクト全体と個別のタスクの進行を把握して問題を発見して対処するスキルが大切です。他にもコミュニケーションスキルやお客様との各種折衝など多くのスキルが必要です。

 

はっきりいって、フリーランスでPMをできる人はそんなにいません。多くは正社員がPMをします。ただし、PM専門家として雇われる人がなることもあります。

 

スキル不足を解消するには?

 

スキル不足というのは、実は悩みではなく、むしろエンジニアであれば当然のことです。
いつも、自分が持っているスキルだけで仕事をしていたら、それはスキルの切り売りし続けるということです。
自分が楽にできる範囲をコンフォートゾーンといいますが、コンフォートゾーンの中だけで暮らす、そんな生活がいつまでも続くわけはありません。

 

そもそも社会がどんどん変化してますから企業も変革をし続けていますから、それに対応するシステムも新しい仕組みや概念を取り入れます。
とうぜん、そのシステムを開発するエンジニアは新しいものごとを理解する必要があります。つまり、どんどんスキル不足になるから、学んでいかなければならないのです。

 

またIT業界では、毎年のように新しい言語やフレームワークなどの技術が出てきますから、それらのスキルを持っているエンジニアはいないですから、とうぜんスキル不足になります。

 

ですから、ある程度のスキル不足は当然のことであって、それをどう解消していくかを考えるのが真面目なエンジニアです。

 

スキルは仕事を通してつくものです

 

スキルは仕事で実践することでつくスキルが一番いいです。
自分で学習しても、資格をとっても、それはあくまで一定のスキルは身につきますが、本当に役に立つ実戦的なスキルというのは、仕事の中で活かす以外にはつかないのです。

 

仕事を始めた時はスキルがある程度は不足している、当然です。

 

そこで仕事に追い込まれて、独学でもセミナーでもいいから身につけていくと、本物のスキルになるのです。
また多くの場合、現場には自分よりできる優秀なエンジニアがいますから、そういう人と親しくなるのもいい手です。
そういう人に聞けば5分でわかることが、自分で苦労をして理解するのに1週間かかるなんてこともあります。
可能なら、コミュニティを作ったり、勉強会を作ったりもしてみましょう。

 

フリーランスエンジニアですから、する仕事は自分で決められますから、今あるスキルより少しだけ高いスキルを要求される仕事を選ぶのです。
つまりコンフォートゾーンから抜け出すのです。

 

ただし、コンフォートゾーンから遠く離れてしまっては危険です。失敗、挫折を味わうことになる可能性が高いです。
ほどほどのチャレンジをすれば、スキルを獲得できる、仕事を達成できるというのを選ぶのです。

 

また仕事の契約ですが、請負にすると責任をきっちりと求められますが、準委任契約で納品義務を負わない形式にすれば、自分の限界を少し広げる案件でも、低リスクで行えます。

 

 

多くの人が独学で学んでいます

 

仕事でスキルとつけると言っても、仕事だけでは足りないことが多いです。

 

ネットを見れば多くの資料があり、たいていのことは解決できます。
それを使って、多くのエンジニアが独学でスキルを身につけています。
今は、それが可能な幸せな時代です。

 

もちろん、豊富にある書籍を使ってもいいです。

 

 

それから資格の取得を目標として独学で学ぶというのは、有効な手段です。

 

まず資格を取れば、それは箔になりますし、お客様から信用されますし、仕事の単価も高くすることも可能になります。
独学も、資格取得という具体的なゴールがあれば、それをさらに細かいゴールに分けてするというように計画的にすることが、途中で安易に辞めないし、能率的に学べます。
なにより、ゴールがはっきりしていて、取得すれば「自分はやった」と達成感が味わえます。

 

 

スクールに通う

 

仕事をしながらスクールに通うことは、夜仕事が終わってから通ったり、土日などを使うこともできますが、おすすめするのはオンラインで学べるスクールを使うことです。
スケジュールも自由で、自宅にいながら勉強することもできますから、やる気があれば多くの人に可能です。

 

ある程度の費用はかかってしまいますが、スクールではカリキュラムに沿って学ぶことで、効率良くスキルアップをできるでしょう。ただし、実践的なスキルではないことが往々にしてありますから、どちらかというと基礎を固めることが期待できます。

 

講習会やセミナーに参加する

 

講習会やセミナーは東京周辺だけでなく、かなり地方でも開催されています。
ただ、短時間のセミナーで技術を身につけるというのは無理で、あくまで技術について、「ある程度理解をする」ということを期待しましょう。

 

セミナーでは、主催者だけでなく、参加者とも交流が図れ、人脈を広げることも大きなメリットの一つです。

 

受講内容や、取得したい技術や資格、あるいは主催者の経歴などを確認して、自分に合ったセミナーを探して参加しましょう。

エージェントMidworksの口コミでの評判

Midworksで登録をして、紹介された仕事をしている方に伺ってみました。

 

本業+副業で年収をUPしています。参画者同士での飲み会では情報交換もしています。

現在はまだMidworksに参画してから2ヶ月目です。

 

頂いたのは週に2日のリモート案件なので、本業にも影響がない程度の副業ができていますが、年収は当然アップしています。

 

フリーランスと言っても、Midworksでは月に一度の飲み会も開いてくれるので、他の参画している方との情報交換ができるのもいいです。
そのうちに案件を増やして、フリーランスの収入は1.5倍にいきたいですね。

長谷部さん (32歳男性) フロントエンド・週2でMidworks・リモート

3社ぐらいのエージェントに登録をしましょう

フリーランスエンジニアに案件を斡旋してくれるエージェントに登録するというのは、会社に就職するわけではありません。
ですから、何の遠慮もなく何社に登録をしても問題はありません。

 

おすすめするのは、まず3社のエージェントに登録することです。

 

エージェントのサイトを見れば、自分が気に入った会社があるでしょう。
何か好むことができないサイトでしたら、どんどん無視しましょう。

 

それでとりあえず3社の候補を選びましょう。

 

何故3社というと、どんなエージェントでも持っている案件は限られていますから、エージェントが1社だとどうしても自分が妥協しなければならなくなる可能性が高くなります。
ですから、必ず複数のエージェントに登録をすることをおすすめするのです。

 

ただし、せいぜい5社にしておいたほうが無難です。

 

エージェントに登録をすると、早ければその日のうちに、ほとんどのエージェントは翌日までには連絡をしてきます。
はっきり言って、10社も連絡をもらったら、その全部をきちんと理解して、覚えていますか?
ぜっかくエージェントが連絡をしても、その後の対処をいい加減にすると、後で自分が損をします。

 

 

ですから、3社、多くて5社にしましょうと言うわけです。
それくらいなら、それぞれのエージェントがどうか、自分に合うかを判断しやすいでしょう。

 

 

また複数のエージェントに登録をすると、自分のスキルがどう評価されているかが、1社の場合より正確にわかります。
そして、3社のエージェントが斡旋した中から、自分が望む仕事を選べばかなりの確率で満足のいく仕事が得られるでしょう。

 

何よりも「仕事がない」という恐怖の思いをしないで、フリーランスライフを楽しめるのではないでしょうか。

 

 

まずは登録するのならトップページで1位推しのエージェントはこちらです。

 

 

 

登録をして、いい案件を紹介してもらって今の2倍の収入を得ましょう。
それこそフリーランスの権利です!